Miele×SugarLab.2013イベントレポート♫

今年も開催いたしました!

SugraLab.のシェフズtable@Miele 2013

「Yellow Magicでスタイリッシュな真夏の食卓☆

本当によろこばれる美味しい創作アジアン料理」

只今クアラルンプール在住の私は

マレーシアのミックスカルチャーからインスピレーションを受け、

お料理とテーブルをアジアを感じられる黄色で表現してみました。

 

 

 

昨年に引き続き、お気に入りのNIKKOさんのオーバル皿を使用。

このお皿はさりげなく上質の気品を醸し出していて、本当に使いやすいのです!!

和洋中問わず、盛り付けしやすい優秀なオーバル皿です。

36㎝プラター

 

昨年はサーモンのハンバーグやパプリカのスープなど洋食系を盛り付けました。

昨年はカップ&ソーサーを重ねて立体感を出し、

今年はSTAUBさんのミニココットを重ねています。

 

お料理のデモの前に、おもてなしの心得やタイムスケジュールのメイキング術などをお話しさせていただきました。

今回のようにゆっくりとお話をするイベントは少ないので、私にとっても大変有意義な時間でした。

参加された20名のみなさまは私よりも

素敵におもてなしされていると思うのですが、

最近私が非常に感動した友人のおもてなし(さきいかのお話)

などもお話させて頂き、和やかな雰囲気でイベントは中盤へ。

料理のデモ後は、素敵に見える盛り付け方法をご説明し、皆さんに実際に盛り付けていただき・・・・

 

 

 

出来上がったお料理はこちら!!

地味になりがちなアジアン料理を彩りを加えて

大人のお子様ランチのような感じに(^_-)-☆

子供の頃、レストランでお子様ランチが出てきたときの

「うわーーーぁっ♫」とテンション上がるあの感動。。

大人になっても同じように感動できるのですよね。

 

 

奥の長皿も少し小ぶりで、前菜の盛り合わせなどに重宝します。

リムの立ち上がりがに角度があるので、底面全面にソースを張ったり、全面にカルパッチョを敷き詰めたりと

悩まずに盛り付けられる、初心者にも使いやすい長皿だと思います。

35㎝長角トレー

 

 

 

デザートはパンダンリーフを使ったオデオデとプリン♫

オデオデとは手前のココナッツをまぶした白玉のようなもちです。

アレンジを加えて練乳ベースのソースに絡めていただきます。

ソースを入れている菊型の小皿も家族の人数分あると便利です。

形に特徴のある小鉢は、単調になりがちなお惣菜、おからやひじきなど地味なおかずを入れても

さりげなく華やかになり、またたくさん頂けるものでもないので「ちょこちょっと」盛り付け

主菜と一緒に大皿にのせて盛り合わせにしてもいいですね。

またお刺身を頂く際のおしょうゆ入れとしても。

お刺身を盛り付ける中皿に一緒にのせるのも盛り付けとして面白いと思います。

菊型ボール7㎝

 

 

今回使用したお皿たちをイベントのレポートと共に

NIKKOさんの公式オンラインショップでご紹介してただきました。

 

NIKKOさんのサイト ← こちら

 

器は「今日はこのお皿にしよう!、このお皿と組み合わせて~~」と

愛情を持って使ってあげれば、ハイブランドのものも100均で買い求めたものも

それぞれの持ち味を発揮し、私達の食卓を彩ってくれます。

ただ1つ私がこだわっていることは、

白い磁器の器だけは、スタンダードで上質な飽きのこないものを選んでいます。

新婚当初から買い足して揃えてきたNIKKOの白いお皿は

今でもほぼ毎日飽きることなく食卓にのぼっています。

今回ご紹介したお皿達もみなさまのお宅で「かけがえのない頼れる白い子」

になって貰えたら嬉しいです♫

SugarLab.2013・Summerレッスン☆お料理編

YellowマジックなアジアンTable♫

お料理編です。

今回はアジア全般を網羅したメニュー構成にしました。

見て下さい!! 日本でこれだけのアジアン食材が揃うのですよ~~。

日本人はタイやベトナム料理大好きですものね。

是非是非アジア料理の一つにマレーシアの味も取り入れて頂きたいです(^^♪

 

 

生徒さんへのお土産にと思い、パンダンエッセンスを大量に買い込みハンドキャリーしました。

友人にも「パンダンエッセンス、見かけたら買い占めといて」と協力をお願いしていましたが、

友人曰く、どこのスーパーも欠品だったと。(笑)

私が通り過ぎた後はパンダンエッセンス・・・1本もなくなっていたわけです。

おかげで皆さんにお渡しできたし、復習してもらえますね(^_-)-☆

 

この生の赤とうがらしと乾燥の唐とうがらしを両方使って

ただ辛いのではなく、旨味を感じる辛さを出していきます。

日本ではパスタやちょっとした和食で鷹の爪は使用しますが、

唐辛子の使い方はある程度決まっていますよね。

私もマレーシアで暮らしてみて、唐辛子の使い方を色々と学ぶことが出来ました。

そんな説明もしながら・・・

 

 

今回のメイン料理。マレーシア風スパイシーBBQチキン。

バーベキューする前の煮込みの段階ですが、このソースがとても美味なので

煮込み料理としてご紹介しました。

 

 

フレッシュなパンダンリーフを使ってココナッツ風味のブルーライスを炊き上げます。

バタフライピーというお花の乾燥を使ってお米を青色に染めます。

オールナチュラルなお色です!ポリフェノールたっぷりで目にもからだにも嬉しい^^

 

色合いが地味になりがちなマレーシアごはん。

彩を添えるお野菜や揚げもちなどなど・・・トッピングを用意して、全員で盛り付けタイム~~!

今回は盛り付けのデモをしっかり・きっちりやってみました(笑)

いままでは「感性で盛り付けてね!」なんて言っていましたが、

私もKLでわからない事ばかりだった時に

(市場のおばあちゃんにそんなこともしらないのか!と叱咤されたり・・(笑))

みんなもわからない事もあったんだよね。。と心から反省をしたのでした。

 

 

夏の暑い時には・・・泡が美味しいですよね~~!

キンキンに冷やしてサーブしていきます。

さ~て、お待ちかねの試食です\(^o^)/

 

前菜一品目☆海南ソースを使った冷奴。水ナスの浅漬けと素揚げのおナスのW使い。

前菜2品目☆OTAKOTAK(オタオタ) Otakとは脳みそと言う意味(-.-)

日本のお魚のつみれよりもずっと生地がゆるく、

それをバナナの葉でくるんで蒸し焼きにする料理です。

そのままではちょっとインパクトに欠けるので、

フレッシュコーンときゅうりのマリネとペリペリソースを添えました。

 前菜3品目☆からすみをまぶした和風カプレーゼ

盛り合わせにしたメイン♫ チキンをSTAUBのミニココットに入れて、

大人のお子様ランチ!?風にしてみました。

デザートはパンダンのミルクプリンとオデオデ(^^♪

オデオデもマレーの素朴なデザートです。

ちょっとアレンジしてココナッツと練乳のソースでいただくスタイルにしています。

これにもパンダンリーフが入っているのですよ。

パンダンの香りにすっかり魅了されています♫

日本人の味覚に絶対合う!と思ってメニューに取り入れました。

 

 

何度も試作をし、シュミレーションをし、構想を練って

日本のレッスンに臨みました。

美味しくできたと思います(^_-)-☆

猛暑の中、SugarLab.のレッスンに足を運んでくださったみなさま。

楽しくレッスンすることができました!ありがとうございました。

次回は晩秋くらいにレッスンできればと考えています。

次回また元気にお会いいたしましょう♪♫

 

KLクラスの皆様・今回は和食と告知しましたが、大好評でしたので、

今回のこのメニューを8月のレッスンでご披露しようと思います。

 

SugarLab.2013・Summerレッスン♪ スタイリング編

 

 

7月11~13日にSugarLab.のレギュラーレッスンを行いました♫

生徒さんとの半年ぶりの再会!! 元気にお会いできることが何よりの幸せ。日本を離れて改めて実感しました^^

 

 

 

今回のテーマはYellow(^_-)-☆

こてこてのアジアンにはしたくなかったので、ほのかにアジアな雰囲気を感じられるように構成しました。

 

 

ワインは大好きなマックスボルドーさんから購入♫

フィギュアとしてイエロー×ブラックのエチケットが活躍しています。

 

中央のハスの葉のフギュアはマレーシア発のセレクト雑貨屋さん。ピーター・ホーで購入しました!

存在感があるのに、スタイリングすると想像以上に上品に脇役として華を添えてくれました。

 

 

 

中央にはマスタードイエローのSTAUBのお鍋にアレンジメントを施し、周囲に色違いのミニココットのアレンジを。

 

 

 

シャンパングラス・紙ナプキンはIKEAで購入。

落ち着いたトーンの黄色のプレイスマットはマレーシアで入手しました。

当日初めて形にするので、それまでは睡眠学習状態で頭に思い描き、ドキドキしながらテーブルを作っていきます。

イメージ通りのスタイリングが完成した瞬間はまさに至福の時!!!!

今回は黄色というインパクトの強い色をしっとりしつつも元気のでる印象になるように考えました。

いつも通りの自画自賛\(^o^)/

なかなかいいのではないでしょうか?(笑)

お料理編に続きます。

Comments(0) | 2013/07/18 | Category: 料理教室 (SugarLab.), 未分類