明けましておめでとうございます!

2013年となりました。

みなさま、明けましておめでとうございます。

今年もみなさまにとって(そして私も(^^♪)穏やかで実り多き一年となりますように・・・!

昨年末は新刊の発売・初のKL⇔日本料理教室開催など

多くの皆様のお力で納得のいくお仕事ができました。心より感謝いたします。

KLへ戻った後は、なんとなく燃え尽き症候群?のような感じで

少し抜け殻になってました(笑)

そんな時にKLという街はすごくいいところ♪

外食文化なのでやる気のしない私は夫を誘い、いろいろなレストランへ出掛けてリフレッシュ!

気が付けば年末で慌てて元旦の用意を始めました。

クリスマス明けにKL市街の伊勢丹のデパ地下でどのくらいの食材がKLで揃うかを

確認しておき、「まずまずの手作り」感レベルで行こうと決定(何かと端折りたがる)

拙書でもご紹介していますが、

食材の仕込みも大切なのですが、1番最初に済ますことは

使う器をきちんと決めておくことです。

これは大好きな作業なので心弾んでスタイリングしました♪

今年は新刊

おもてなしのプロが教える素敵な盛り付けのテクニック

で使用したNIKKOさんの白い器を多用いたしました。

お椀は母から譲り受けた輪島塗を使おうかと思いましたが

白い器だけでどのくらいのお正月のテーブルが作れるかを

試してみたくて白一色に。

アレンジメントのお花は菊の花や蘭が主流だったので

マンゴスチン

ミニ洋ナシ

黒唐辛子

で即興アレンジメントにしました。

肝心のお料理は・・

お豆は市販のもので、数の子はシシャモのゴマ付け揚げで代用。

お椀はヨモギ麩のおすまし。

寿の昆布をのせました。

ミニお椀の中は

ピータン豆腐…と行きたかったのですが

豆腐が死んでいまして(こちらのお豆腐・・よくあります)

ピータンとパクチー・ガリの和え物と、

赤ピーマンと人参をすりおろしたピラフです。

写真撮り忘れました(涙)

サーモンは刺身用柵を半分は昆布じめにしお造りに、

半分をハーブと塩で半日〆てからクリームチーズと和えてカナッペにました。

筑前煮の代わりに和風カチャトーラを。

竹の子がなくては我が家では筑前煮は出来ぬ!ということで急きょ洋風に。

(豆腐同様、竹の子の水煮も死んでいることが多く・・)

お正月のおもてなしを終えて一言。

「もう半日あれば・・」ですね。(笑)

ちと詰めが甘かった部分が。来年に必ず活かします!

そして日本にいる次男坊ルイ。。

日本とマレーシアを行き来し仕事を続けるには

きかん坊のルイを犬NGのマレーシアへ連れてくる

ことは出来ませんでした。

断腸の思いで彼を姉家族に託してきました。

この気持ちを糧に今年もいい仕事ができるように

クオリティの高い作品が届けられるように

肝に命じて精進したいと思います。

 

みなさま今年もどうぞよろしくお願いいたします♫♫♪

ドリーミアブログもアップしました。→ こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です